中古も人気

スマートフォンの操作

iphone3Gから始まった日本のiphoneの歴史ですが、代替わりのサイクルが概ね2年ということもあり、新製品が発売されると買い換える方も多いかと思います。新しく手にした新世代のiphoneは見ているだけでもワクワクしますが、かたわらには今まで使ってきたiPhoneが転がっているということになりますね。機種変更したのであればSIMも抜かれていて、あとはiPod代わりに使うか、Wi−Fiに繋いでネット専用機かIP電話として使うか。もしかしたらそのまま引き出しの中でおやすみなさいになってしまうかも。もったいないですよね。iphoneは中古市場でも他のスマートフォンと比べて値崩れが少ないので、もし引き出しの肥やしになってしまうようなら、買取に出してみてはいかがでしょうか。

本体の中のSIMを抜かれた本体を白ロムと言います。本体にかかる代金の支払いが済んでいれば、 買取に出すことで査定してもらい現金収入を得ることができます。 インターネットを見てみると、白ロムの買取業者の多さが分かると思います。買取金額は本体の状態によりますから、必ず高額で買い取ってもらえるわけではありませんが、どうせ寝かせておくもの。手放して構わないと思ったら一度買取業者に査定してもらいましょう。 また、最近は携帯キャリアでも機種変更の際に下取りキャンペーンとして費用を割り引いてくれることもあります。タイミングが合えばこちらを利用しても良いですね。 ネットオークションに出品してみるのも良いでしょう。もしかしたら思わぬ値がつくかもしれませんよ。